絶対に剥がれない、エッチングノングレア!

AGガラスとARガラス、どちに採用するかの選び方

お客さんから「AGガラスとARガラスどちらが適切ですか?」とのお問い合わせを時々受けております。実は、答えは広い面に及ばされています。単にある一つの指標では決められません。この文章はGelivable®自身の経験を顧客のニーズと関連して皆様にポイント指標と判断経験を分かち合います

一、透過率:対象製品仕様によりカバーガラスの透過率を93%以上と要求された場合、基本的にはARコーティングが必要となります。普通のフロートAGガラスの透過率は大体88%~91%程度です。ゴリラガラスでエッチングAG処理した後でも93%程度の透過率しかありません。ARコーティングをしたら、最大98.5~99%に至ります。

二、使用環境:対象製品が強光或いは直射日光環境中で使用の場合は、AGガラスをお勧めます。AG加工はガラス表面につや消し漫反射を形成、反射やグレアが抑えされます。また、深さ0.05mmぐらいエッチングされていますので、病院や食品加工、化学工場、軍事、航海などの分野でもガラス表面が絶対に剥がれないように保証できます。しかし、コーティングAGのほうはやっぱり表面が剥がれる恐れがあります。

三、製品コスト:具体的な製品の市場ポジショニング及びターゲット顧客によりAGガラス+AR蒸着で組み合わせる仕様もあります。例えば、自動車の中央制御のタッチパネルにはこのような設計が見られます。AGガラスもARガラスも加工が簡単ではないため、素材ガラスよりは50%以上コストが上がります。ですので、AGガラスとARガラス、どちが適切なのかはやっぱり製品自身の需要によることです。

四、サイズ:AGガラスもARガラスも加工サイズに制限され、ガラスの品質とコストに影響掛けます。今の状況では、同じコストでAGガラスの方がもっとサイズ大きく出来上がります。現状、ARガラスの加工方法中ではスパッタリングが一番優れています。しかし、スパッタリングは小サイズしか出来ません。この面から言っても携帯カメラ等はARガラスの方が適切です、効率も高いです。

五、強化条件:AR処理は程んど強化処理後に行います。一方、AGガラスは素材のガラス板に処理して、外形加工の後にケミカル強化や熱強化を行い、最後にシルク印刷を行います。

AGガラス(Anti-Glare Glass)は無反射ガラスとも言います。ARガラス(Anti-reflection glass )は低反射ガラスとも言います。名前からでも意味がわかりにくくではないので、その前、重要なのはお客さんの需要に満足することです。それで、どちが適切なのかの答えが出てくると思います。

Prev:

Leave a Reply

css.php