絶対に剥がれない、エッチングノングレア!

又ATM用ノングレアカバーガラスに出会う

ATM用ノングレアカバーガラスはGelivable®が6年生産し続けてる製品です。この6年の間ずっと日系のお客様に高品質の製品とサービスを提供しています。先週、Gelivable®のチームは同じな用途のATM用ノングレアカバーガラスの問い合わせを受けました、今回のお客様は中国国内のTP生産工場です。お客様の図面を見た、私たちは自信満々です。すぐサンプルを手配して、お客様に組み立てされるともに、チームが討論した疑問を持ってお客様を訪問して、相手の技術者と詳しく討論しました。

今回、討論しているATM用ノングレアカバーガラスはお客様が大量使用してる製品です。でも、品質の不安定のため、特に湿度が高い季節に、不良率はもっと高くて、終わりがないの返品と補うことに購買と技術員はすごく困っています。だから、サプライヤーを変更することを考えて、Gelivable®を見つけました。

お客様の要求は片面AG処理です、これに対して、Gelivable®チームは理解していません。ATMのディスプレとノングレアカバーガラスの構造と距離から見ると、両面AGガラスは適用です。又、エッチングAG処理の生産プロセスから考えて、片面AG処理する時、もう一面を保護しなければいけませんので、コストは高くなります。どうして片面AGガラスを使用しますか?お客様を聞いて、最初片面AGガラスの規格はお客様の指定ではありません、現在のサプライヤーから提案した規格だと了解しました。なるほど!Gelivable®チームは専門的にお客様と分析して、片面AGガラスの提案はただ技術と品質不足のためです。ガラスは錫面と空気面があります。錫面は空気面よりエッチングしにくいです、そして、エッチングの過程、ガラス表面の欠陥を拡大してきますので、ガラス原材料の外観要求は高くなります、だから、一般、サプライヤーは空気面だけエッチング処理します。でも、Gelivable®に対して、原材料でも、両面AG処理でも問題がありません。

ノングレアガラス,Gelivable,ATM

又、お客様は普通面で周りの組み立てで使う部分を避けて、PE保護フィルムを貼ると要求します。原因は、お客様組み立てのクリーンルーム場所に限りがあるから、カーバガラスとフレームの組み立ては一般の場所で行っています。それから、クリーンルームに転送して、タッチパネルと組み立てします。この過程の中に、カバーガラスに必ずほこりがつけます。この問題を解決するため、お客様はわざわざとPE保護フィルムを貼ると要求します。タッチパネルと組み立ての前で外します。しかし、新たな問題が現れました。PE保護フィルムが接着剤が付いています。カバーガラスと密着した後、湿度が高い天気や運送の中に温度が変化するとき、接着剤がガラス表面に残しやすいです。使用に影響があります。

これに対して、Gelivable®はPE保護フィルムを貼ることが対応できますが、お客様両面ノングレアガラスを使うと提案しました同時に、現在の組み立て環境を改善すると提議しました。こうすると、PE保護フィルムを静電保護フィルムが変わりに使います。ガラス表面の残りの問題が改善できます。

最後、お客様はGelivable®のノングレアガラスの効果と見て、肯定的にこう言いました。“同じ光沢度の条件で、Gelivable®のノングレアガラスは解像度はもっと高いです”。

Gelivable®AGglassは工業タッチパネル用アンチグレア無反射ガラスの一流オリジナルブランドです。Gelivable®アンチグレアガラスは40年以上経験ある専門なノングレアガラス工場に生産を委託して、欧米最先進の化学エッチング技術とオートラインを採用し、精密的に生産しています。私たちはハイエンド工業タッチパネル業界に高質のエッチング反射防止カバーガラスを提供し、エンドユーザーの使用体験を高めさせ、工業タッチパネル業界の発展を推し進めることに努力しています。
絶対に剥がれない、エッチングノングレア!never peel off
お問い合わせ:+86-755-32920861   メール:cao@kanougroup.com

Prev:
Next:

Leave a Reply

css.php